肌への刺激は心配ないUVケア

どのコスメティックスがいい?
紫外線は肌にとって悪影響を与えるということは広く知られています。
紫外線が強くなるのは、春先から秋にかけてですが、その他の時期も
紫外線ケアは行ったほうが良いとされています。

オールシーズン

最近では、多くの化粧品に紫外線防止成分が含まれていることからも
紫外線ケアの重要性が分かります。

紫外線防止効果が期待される成分は、紫外線散乱剤と紫外線散乱剤の
2つに分けることが出来ます。それぞれにメリット・デメリットがありますが、
紫外線防止効果だけを比較した場合には、紫外線吸収剤の方が優れています。

しかし、デメリットとして、肌に刺激があるということが挙げられます。
この刺激は非常に弱いものですので、使用していても気が付かないこともあり
継続使用によって、敏感肌やシミの発生などがあらわれてくる可能性があります。

シミに悩まされている人の3割ほどが、美白剤や紫外線吸収剤の影響によるものであるとも
言われていますので、決して甘くみてはいけないことです。

シミの原因

IPSコスメティックスのIPS エッセンス UVは紫外線吸収剤をカプセル化しているため、
肌への刺激を抑えることが出来ます。さらに、IPSコスメティックス独自の美白原料である
テトラナノプラチナム配合することで、美肌ケアも同時に行うことが出来ます。

IPSコスメティックスのIPS エッセンス UVの使い方は、適量を手に取り
顔全体にむらなくなじませるようにします。

この時使用する量が少ないと、紫外線防止効果を得ることが出来ない可能性がありますので
顔全体に広げることが出来るほどの量を使用するようにしましょう。

また、かいた汗を拭いたり、顔を洗った場合には、紫外線防止成分が肌に付着していない状態と
なってしまいますので、塗り直すことをおすすめします。

なお、全ての人の肌に刺激がないというわけではありません。
肌の状態や体調によっては刺激を感じる場合もありますので、刺激を感じたり
肌に異常が見られた場合には、使用を中止しましょう。